「外的材料」と「メンタル材料」

個人密接に重なり合っておるものであり、普段の人生を営む上ではいずれも身近にある問題です。混合肌の手直しには、これらの材料をトータル的に考えて作戦を考えて行くことが近道となりそうです。

ひたいや鼻筋といった「Tゾーン」には皮脂腺が多いためテカりぎみ。そのためオイリーになりやすいのです。

そこで気を付けたいのが、油分は突き止めつつ、水気をふんだんに与えたクリーニングを行なうこと。肌は水気が欠陥しそうになった折、乾燥をしないためにも皮脂を山盛り分泌しようとします。これがTゾーンのテカりをもたらすのです。そこで必要な作戦は、ある程度の皮脂は記しつつ、保湿をしっかり行なうことだと言えるでしょう。

一方、顎や頬などの「Uゾーン」につきもののリスクは乾燥。Tゾーンはすぐ脂っぽくなるのに、顎や頬は油断をすると粉を吹きそうなほど乾燥始める、ひきつる直感が起こる…というリスクをお保ちの方も多いのではないでしょうか。

作戦としては、やはりシャンプー後の保湿をしっかり行なうとき、これに尽きます。Tゾーンと同様のクリーニングではなく、絶えず肌の水気本数を保っていられるみたい、昼間も保湿噴流を振り掛けて挙げるなど、こまめな水気取り入れが大切です。

脂浮き講じるパートと乾燥講じるパートがミックスしていたり、季節によってUゾーンだけ極度に乾燥してしまうなど、さまざまな肌タイプのリスクがいる混合肌。皮脂分泌の多いTゾーンのメークアップがヨレてしまうなど、常々化粧狂いとの闘いにアタマを悩ませていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

どろあわわはニキビ効果に期待できます